読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのさようならについて

日附けのある文章

2016年7月30日(土)リスクを取る

一日

▼この間一人で三鷹まで行ったことは本当に刺激になったし、自信になった。リスクを背負わなくては、良い思いはできないんだと思う。今日はそういうブログを書こうと思ってる。
 リスクを背負うということはどういうことだろう。嫌なことをするということではなくて、嫌なことが起きるかもしれない状況というのがあって、それに逃げずに立ち向かうということかもしれない。実際起こるかどうかはわからない。天のみぞ知る。嫌なことが起こるかもしれないから、やらない、じゃなくて、それでもやる、ということだと思う。嫌な雰囲気というのが立ち込める瞬間というのはあるのだと思う。それでもそれを突破することでしか、勝ち取れない何かはあるのだと思う。
 リスクを背負って、利益を得る。これしかないと思う。今の自分に言えることは、行動すること。何を行動するかといったら、すぐに利益になることでなくてもいいから、先を見越して行動することだと思う。日記を書いたり、ブログを書いたりすることだってその一環といえば一環なのだと思う。生きることだって、単純だけど、その一環である。自分にとっては。わたしは生きることでさえも選んでいるという感覚がある。ただ生きているだけではなくて、選んで生きている。

▼今日という日に何か目立った日記に書くようなことは何もしていないのだけど、それなりに行動し、本を読み、日記を書いている。だけど、それで十分にリスクを取っているかといったらそうとも言えないのだと思う。もっと、もっと、リスクを取ることはできるはず。考えよう。究極のリスクというのを考えるべき。振り切るべきと思う。それだけの人間性というか人格というかがあるのかはわからない。でもつまんないことしてるよりは幾らかましなのではないかと思う。

▼嫌なことが起こりすぎて、一瞬だけど、外に出るの嫌だなぁという局面もあった。でもそれではつまんないことになる、そう思ったのだ。つまんない気持ちの方が嫌だなぁという気持ちよりも強かった。すべては自分次第とよくわたしは書くけど、どんなに嫌なことがあっても、自分次第でなんとかなるものだと思う。

▼リスクを背負うことは自信になるし、どんどん背負うべき。考えられるだけのリスクを背負って、なるべく利益を得たいと思う。お金を得たいってことじゃないよ。失敗もするだろうけど、それがリスクを取るということだと思う。

2016年7月30日(土)32/23℃ 晴れ

日報

▼?kg
量り忘れた。二日連続。

▼20時半→3時半、4時→8時(11時間)
いつも通り、ちょっと寝坊か。早く寝たのに。あまり早く寝ることに意味を見出せない。けどやることなくて寝てしまう日が続いてる。ちょっと良くないと思う。本読んだらすぐなのに。

▼瞑想10分(16時半)

▼散歩30分(近くの池)、30分(近くの池)、30分(近くの池)
▼サイクリングなし
▼ラン2.21km 13:14
▼11017歩
▼筋トレ腕立て3セット
走ったし、筋トレもしたし、歩いた。一応やろうと思っていることはできたと思う。あとはその意気込みというか、やれるだけのことはしたのかという悔いだと思う。特に走るのはもう少し頑張れそう。

▼318円
パン、缶コーヒー、ジュース

▼朝食:ぶっかけそば
▼昼食:焼うどん
▼夕食:うな丼、サラダ、冷奴、納豆、味噌汁

▼『風の帰る場所』宮崎駿著(文春文庫)
▼『続・風の帰る場所』宮崎駿著(ロッキンオンジャパン

2016年7月29日(金)良いこともあるし悪いこともある

一日

▼最近ついてない。けど良いこともあったし、要はバランスだと思う。良いこともあれば悪いこともある。今まで良いこともなかったけど、悪いこともそんなになかった。ただそれがかたまって押し寄せているだけ。それは吉兆かもしれないし、悪報かもしれない。ここで怯えたら、なんにもならない。良いことが起こる方にかける。行動する。きっと良いことも悪いことも起こるのだろう。その時の態度次第だって、思う。嫌なことは忘れて、良いことを抱きしめていたい。
 書くことで忘れるし、忘れたいし、書くことで定着するとも思っている。自分に都合の良いように解釈してる。悪いことは忘れたいし、良いことは定着させたい。悪いことをいつまでも自分の中に持っていたら、いかんのだと思う。何の得にもならないし、何の良いこともない。さっさと忘れることが肝心。書いて発散して、寝たら忘れてる。それで良いんだと思う。教訓を得ようとも思わない。降って湧いた悪はフッと消える。それで良いんだと思う。自分の中に、貯める必要ないと思う。

▼今日は入道雲が出てて、夏!という感じ。暑い夏がやってきたという感じ。ベタすぎてあまり言いたくないけど、夏は嫌いじゃない。夏の、あの、暑いジリジリとした感じも好きだし、セミが鳴いているのもいいし、入道雲と青空のコントラストも大好き。うまく写真に写せる技術がないのは残念だけど、わたしは見た。昨日は夕焼けも見た。嫌なことがあって、美しく感じなかったのだけど、あれは、美しかったのだろう。自分は歪んでいたような気がした。早く寝て正解だった。起きたらすっかり忘れていた。この言い方が微妙だけど、感覚としては忘れていて、事象としては覚えている。悔しさの気持ちはほとんどなくなっていた。あの後一日が長かったらと思うとぞっとする。嫌な気持ちをずっと抱えていただろう。最近ついていない。

▼落ち込んでるけどなんとかなる。きっと。